再生紙

ノベル・セラピー®とは?

 ノベル・セラピーとは、即興で物語を作るグループセラピーのことです。セラピストの誘導によって、約30分という短い時間で作った物語を、グループ全員の前で発表します(ノベルセラピーワークシップ参加料は5000円)

 ノベル(小説)の主人公を自分ではない第三者にすることで、心の痛みや深い思いを自分以外に語らせることができ、心理的なダメージを最小限にします。また、即興で作ることで、とっさに出てきた飾ることない本音を捕まえる狙いがあります。

開いた本

 ノベル・セラピーという造語は、協会の発足者であるOjha Emu Gotoが2011年に自分のワークショップで使ったのが最初になります。まだこのセラピーは日本では珍しいですが、ヨーロッパにおいては、“ドラマ・セラピー”という名称で、同様のセラピーが市民権を得ています。主に会社組織が社員のメンタルケアのために、ドラマ・セラピストを招いてワークショップを行うのが主流のようです。今後、新しいタイプの心理療法として、多くの施術現場に取り入れられることを確信しています。

 臨床心理士が患者に用いる心理療法のひとつに、ナラティブ・セラピーというものがありますが、それに近いものです。ナラティヴとは、語り手自身が紡ぐ「物語」のことです。セラピーをうける人自身が、自分自身の物語を自らの言葉で「語る」ことで、人生観そのものを再構築する効果もあります。

本の品揃え

 ナラティヴ・セラピーでは、その人の人生を振り返り、自身の記憶を語らせる、という方法をとりますが、ノベル・セラピーは少し違います。それは、受講者の自由な創造力により物語を作ってもらい、それをセラピストや他の参加者が共有するという点。参加者全員が、お互いの物語によって、トラウマや問題点を解決につなげることを目的としています。

 現在、すでに700人を超える人々が体験していますが、体験者からは「30分ほどで作られた物語が人生の羅針盤になっている」という声も少なくありません。痛みを伴うことなく、ワクワクする想像と創造の遊びの中で、自分の素晴らしさを発見したり、本当の望みや夢を見いだせるのです。そんなノベルセラピーの世界へ、ぜひ飛び込んでみませんか?
 
“あなたの心理カウンセラーはあなた自身です”

ワークショップの作品から動画ができます!

ノベルセラピーで作られた物語を動画にできます。(有料オプション:応相談)

制作:アクトレス視覚提案仕掛人集団 www.actressinc.com